溶接ヒューム関連、安衛法令改正




トップ
研究する人

2020年に安衛令が改正され、溶接ヒュームと塩基性マンガンが特定化学物質に追加された。これまで、特定化学物質は単体又は化合物の化学物質(及びその混合物)であり、ヒュームのような「ある『状態』のもの」が指定されたことはなかった。

また、条文や通達を見ても、分かりにくさがあることは否めない。こいくつかの疑問点について厚労省の担当者から回答を得たので、それを含めて緊急に解説をアップする。

なお、本稿の文責はあくまでも柳川にあり、厚労省の責任ではないことをお断りしておく。



2020年の溶接ヒューム等に関わる安衛令、特化則等の改正について(1/4)

執筆日時:

1 法令改正の概要

(1)具体的な改正条文の概要等

2020年4月22日、厚生労働省は、「労働安全衛生法施行令の改正新旧対照表)」、「特定化学物質障害予防規則等の改正」及び「作業環境測定基準の改正」について公布した。そして、同時に、「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令等の施行等について(令和2年4月22日基発0422第4号)」を発出した。なお、この通達が厚労省のWEBに掲示されたのはその2日後である。

現時点では、「金属アーク溶接等作業を継続して行う屋内作業場に係る溶接ヒュームの濃度の測定の方法等(案)」についてパブコメを行っているところである。このパブコメの概要には、「(2)呼吸用保護具の使用」及び「(3)呼吸用保護具の装着の確認」が含まれている。

また、いくつかの疑問点について、厚労省の担当者に何点か質問をしてご回答をいただいたので、本稿ではそれも併せてご紹介したい。

今回の改正では、大きく以下の3点の改正が行われてる。ひとつは溶接ヒューム及び塩基性酸化マンガンが特定化学物質に追加されたこと。もうひとつは特化則に「金属アーク溶接等作業」についての規制が追加されたこと。最後はマンガンに関する規制の強化である。

(2)溶接ヒューム等の特定化学物質第二類物質への追加

安衛令の最も大きな改正は、別表第3第2号(特定化学物質第二類物質)に、塩基性酸化マンガン及び溶接ヒュームを追加したことである。また、それらを製造し又は取り扱う作業について、作業主任者の選任、作業環境測定(溶接ヒュームを除く)、特殊健康診断の対象として追加した。これが一つ目の大きな改正となる

なお、第二類物質に追加されたことにより、特化則の以下の規定についても対象となる。

  • 安全衛生教育(雇入れ時・作業内容変更時)(安衛則第35条)
  • ぼろ等の処理(特化則第12条の2)
  • 不浸透性の床(特化則第21条)
  • 関係者以外の立入禁止措置(特化則第24条)
  • 運搬貯蔵時の容器等の使用等(特化則第25条)
  • 特定化学物質作業主任者の選任(特化則第27条)
  • 休憩室の設置(特化則第37条)
  • 洗浄設備の設置(特化則第38条)
  • 喫煙又は飲食の禁止(特化則第38条の2)
  • 有効な呼吸用保護具の備え付け等(特化則第43条及び第45条)

(3)金属アーク溶接等作業に関する新たな規制

もうひとつの大きな改正点は、特化則への第38条の21(金属アーク溶接等作業に係る措置)の追加である。この他、特化則関連では、「溶接ヒュームを製造し又は取り扱う業務」に関しての健診項目も追加されている。

なお、「金属アーク溶接等作業」とは何かについては後述するが、条文では「金属をアーク溶接する作業、アークを用いて金属を溶断し、又はガウジングする作業その他の溶接ヒュームを製造し、又は取り扱う作業」であるとされている。

この条文に定められていることは、以下の通りである。

  • 工学的対策(全体換気装置等の設置)
  • 空気中の溶接濃度の測定(作業環境測定ではない)
  • 空気中の濃度の測定の結果に基づく措置
  • 上記措置後の結果の確認
  • 保護具の着用
  • 保護具の装着状況の確認
  • 床等の洗浄

(4)母材等にマンガンを含有する場合の措置

ア 作業環境測定についての改正

マンガンを含有する母材や、マンガンを含む溶接材を用いてアーク溶接を行う場合に、作業環境測定が必要となることは、これまでと同じである。

今回の改正では、作業環境測定を行うべき「物の種類」について、「マンガン及びその化合物(塩基性酸化マンガンを除く。)」を「マンガン及びその化合物」に改められた。また、その管理濃度を「マンガンとして0.05mg/m3」に引き下げている。

さらに、個人サンプリング法による作業環境測定の対象となる「低管理濃度特定化学物質」に「マンガン及びその化合物」が追加された。また、その試料採取方法について、分粒装置を用いるろ過捕集法としたこと。

イ 局所排気装置の性能

局所排気装置の具備すべき性能に係る「物の種類」について、「マンガン及びその化合物(塩基性酸化マンガンを除く。)」を「マンガン及びその化合物」に改めるとともに、その抑制濃度を「マンガンとして0.05mg/3」に引き下げたこと。





プライバシーポリシー 利用規約