Googleアナリティクスの使用方法

ページ
トップ

インターネットを楽しむ男女

WEBサイトを運営する場合、どの程度のアクセスがあるのかを知りたいと考えるのは当然です。アクセスを分析するツールとして、最も一般的なものはGoogleアナリティクスとSearch Consoleです。

本稿では、当サイトのアクセス分析結果を参照しつつ、GoogleアナリティクスとSearch Consoleの基本的な使用方法と、用語の意味等について解説しています。




1 最初に

執筆日時:

WEBサイトを運営していれば、アクセス状況を知りたくなることは当然である。WEBサイトへのアクセスを分析するツールはいくつかあるが、Googleアナリティクスが最も一般的である。他のツールには、Webalizerがあるが、これはサーバーの側の負荷を調べるために使用するものである。

ツールによって、アクセス分析の結果は一般に大きく異なる。これらは分析の手法が異なっているためで、Googleアナリティクスがブラウザ側(ユーザ側)で分析するのに対し、Webalizerはサーバー側(サイトのある側)で分析する。このため、Googleアナリティクスが、人間による閲覧のみを分析することが可能なのに対し、Webalizerはロボットの巡回もカウントする。

また、WEBサイトの管理者も、自分のサイトを閲覧せざるを得ないが、このような閲覧は分析結果から除かなければならない。Googleアナリティクスは自らの閲覧を分析結果から除くことが可能であるが、Webalizerでは不可能である。

表:分析ツールによる特徴
google
アナリティクス
Webalizer
分析する場所 ブラウザ側 サーバ側
ロボットの巡回 カウントしない カウントする
自らの閲覧 除外可能 除外不可
詳細な分析 可能 困難
アクセス結果 小さくなる 大きくなる
使用目的 人による閲覧の分析 サーバの負荷の分析

このため、利用者がどのように閲覧しているかを分析するためのツールはGoogleアナリティクスであり、サーバの負荷を知るためのツールがWebalizerということになる。一般に、双方の結果は10倍以上、Webalizerの方が大きくなる。

以下、Googleアナリティクスを中心に、私のサイトの分析結果を参照しつつ、いくつかの注意すべき事項等をまとめてみた。


2 Googleアナリティクスの各種指標の用い方

(1)Googleアナリティクスの導入と注意事項

Googleアナリティクスで、WEBサイトのアクセス分析を行うためには、自らのサイトのすべてのページにGoogleアナリティクスを導入しなければならない。そのためには、まずGoogleのサイトでアカウントを作成(※)し、Google アナリティクスの画面から、「測定を開始」のボタンをクリックして必要事項を入力していくと、Googleアナリティクスが使用可能となる。

※ 右上の「ログイン」ボタンをクリックし、ログイン画面で「アカウントを作成」をクリックして必要事項を入力すればよい。

そこで、画面上部の「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックし、「管理」⇒「データストリーム」をクリックし、サイトの URL を入力し、「グローバル サイトタグ(gtag.js)」をクリックすると、SCRIPTが得られるので、これをサイトの各ページに貼り付けると分析が可能になる。


(2)Googleアナリティクスの結果の読み方

ア ページビュー数

一般に、Googleアナリティクスの分析結果でWEBサイトの閲覧状況を表すものとしてよく挙げられるのがページビュー数(PV数)である。

これは利用者がページ(htmlファイル)を閲覧するたびに1づつ増えていく。戻るボタンを押して直前に見ていたページを閲覧してもページ数は増加する。

企業のサイトでは1箇月間に1万 PV あれば大規模サイトとされ、個人のブログでは 10 万 PV で大規模サイトとされる。

当サイトの2021年1年間の月ごとのPV数は次のようになっている。10月に PV 数が伸びているのは、当サイトが労働安全衛生コンサルタント試験の支援のページの利用者が多いため、筆記試験のある10月に閲覧者が増加するからである。

Googleアナリティクス2021年ページビュー推移

図をクリックすると拡大します

1年間の PV 数は2,004,316PVと200万をわずかに上回っている。

なお、利用者にとってページの場所が分かりにくい場合も PV 数は増加することがあるので注意する必要がある。

イ ユニークユーザ数

また、Googleアナリティクスによる分析結果の重要なものとしてユニークユーザ数(UU 数)がある。これは実際の閲覧者の数であるとされる。

具体的な例を挙げて説明すると、A氏が1箇月にサイトを4回訪問し、B氏が1回、C氏が3回訪問したとしよう。この場合、訪問した人数は3名なので、UU数は3となる(※)

※ 現実には、Googleアナリティクスの側で、個人を特定することはできないので、「cookie」という小さなファイルをブラウザとの間でやりとりしながら利用者を判断している。そのため、A氏が自宅のパソコンと個人のスマホと会社のパソコンで閲覧すると、それぞれ別人だと判断されて3人とカウントされることとなる。

当サイトの2021年1年間の月ごとのUU数は次のようになっている。10月は、UU数が底を打った月よりも1万人程度多い。これは、労働安全衛生コンサルタント試験の支援のページの利用者が多いためだが、筆記試験の受験者は1万人もいないので、やはり重複してカウントされているのだろうと思う。

Googleアナリティクス2021年ユニークユーザ推移

図をクリックすると拡大します

では、これを長期的なスパンでみるとどうなるだろうか。分析を始めた2017年頃には、1箇月のUU数は3~4百人程度だったのだが、その後、急速に伸びていき2021年の10月には20,000人弱まで増加した。

この増加の最大の原因は労働安全衛生コンサルタント試験の受験支援のページの閲覧者が増加したことによるが、最近では衛生管理者の受験支援のページの閲覧者数が急速に増加している。閲覧者の方の口コミによる相乗効果があるのかもしれない。

Googleアナリティクス長期スパンユニークユーザ推移

図をクリックすると拡大します

ウ セッション数

次にセッション数であるが、私は、べージビュー数よりもセッション数の方が重要ではないかと考えている。

セッション数とは、閲覧回数のことである。先ほどの「A氏が1箇月にサイトを4回訪問し、B氏が1回、C氏が3回訪問した」例では、セッション数は各人の訪問回数を合わせた8回となる。

セッション数は、2021年1年間では30万回弱となっている。1日当たりでは、8百回程度であり、労働安全衛生などというややマイナーな分野に特化したサイトとしては、かなり健闘しているのではないかと自負している。

Googleアナリティクス2021年セッション数推移

図をクリックすると拡大します

これも長期スパンでご覧になって頂きたい。2017年の前半は1箇月当たり600回程度で推移していたのだが、2021年の10月には5万回を超えている。85倍の増加となった。

よく、個人のWEBサイトは、継続することが閲覧者の増加につながるといわれるが、まさにそれを実感できる状況である。

Googleアナリティクス長期スパンセッション数推移

図をクリックすると拡大します

エ 平均セッション時間、セッション当たりページ数及び直帰率

最後に、重要な要素に平均セッション時間と直帰率がある。検索サイトで上位に上がってクリックされても、関係がないからとすぐ検索結果ページに戻られるようでは、いくらセッション数が伸びても意味がない。

そこで、平均セッション時間(1回のセッション(訪問)で閲覧していた時間数)と、セッション当たりページ数、直帰率(サイト外から訪問した閲覧者があるページを閲覧してすぐにサイトから退出する割合)が重要になってくる。

なお、平均セッション時間は、Googleアナリティクスの性格から、閲覧者が最後に閲覧したページの閲覧時間はゼロとカウントされる。そのため、A氏がトップページを10秒、aページを80秒、cページを40秒閲覧して退出したとすると、平均セッション時間は30秒となる。cページの閲覧時間はカウントされないためである。

当サイトの平均セッション時間は、次図のようになる。労働安全衛生コンサルタント試験と衛生管理者の試験問題の解説がメインになっているので、平均セッション時間が長くなるのは当然かもしれない。

また、10月に長くなる傾向があるのはコンサルタント試験が10月にあるからだが、意外にそれほど長くなるというわけではない。

Googleアナリティクス2021年平均セッション時間推移

図をクリックすると拡大します

セッション当たりのページ閲覧数は次のようになる。2019年まで、コンサルタント試験の解説は各年・各科目ごとにひとつのPDFファイルで提供していた。PDFファイルの閲覧はGoogleアナリティクスはカウントできないので、PV数も少なかったが、現在は問題ごとにhtmlファイルで提供しているので、PV数は伸びている。

セッション当たりのページ閲覧数は、サイトの性格によって異なるので、参考までに見ておいて欲しい。

Googleアナリティクス2021年ページ数/セッション数推移

図をクリックすると拡大します

直帰率は、次図のようになる。直帰率は少なければ少ないほど良いが、最初に訪問したページで閲覧者が満足して退出したのであれば問題はない。

従って、ページごとに完結しているサイトでは、直帰率はある程度高くなるが、それがよくないことだとは判断できないことになる。私のサイトでは、あまり直帰率が大きくなって欲しくないが、ページにもよるので単純にはいえない。

最大の問題は、検索サイトから訪問してそのまますぐに離脱するケースである。残念ながら、満足してサイトから離れたのか、すぐに離脱したのかはこの数値からでは分からない。

Googleアナリティクス2021年直帰率推移

図をクリックすると拡大します


3 Google Search Consoleの各種指標の用い方

(1)Google Search Consoleの導入と注意事項

WEBサイトの分析ツールで、検索関係の分析にはGoogle Search Consoleが用いられる。

SEO(検索エンジン最適化)(※)のための様々な指標も得ることができ、SEOに重要な被リンク数も判別が可能である。

※ 検索サイトで自己のサイトを上位に表示させるための手法。現実には、YahooはGoogleとほぼ同じ検索結果となり、この2社以外の検査サイトはあまり利用されないので、Google検索サイトで上位に表示させることがSEOの目的となる。

Google Search Consoleの導入は、アナリティクスに比べればきわめて容易である。Googleに申請して小さなファイルを送付してもらい、それをサイトのトップページにアップするだけである。

Google社は、いずれにしてもすべてのサイトの検索についての分析を行っている。ファイルがアップされれば、あなたがそのサイトの正しい管理者であると判断して、分析結果を提供してくれるのである。


(2)Google Search Consoleの結果の読み方

ア 検索パフォーマンス

まず、私のサイトがどのような検索パフォーマンスとなっているかを見てみよう。

Google Search Console検索パフォーマンス

図をクリックすると拡大します

この図では過去3箇月において、クリックされた回数、表示された回数、検索順位が表示されている。ここで、表示回数というのは、検索が行われて検索結果のページの2ページ目以降にそのサイトがあると、現実にそのページが表示されなくても表示回数に含まれることとなる。

この図では過去3箇月に約458,000回表示されて、約34,200回クリックされ、表示の平均順位は17.4位だったことが分かる。

これだけではあまり分析の役には立たないが、特定のページや特定のクエリ(検索用語)ごとに表示が可能なのである。

イ 「衛生管理者」を含む検索用語で検索した場合

例えば「衛生管理者」を含む検索用語で、過去12箇月の検索を行った結果を表すと次図のようになる。

Google Search Console 「衛生管理者」の検索パフォーマンス

図をクリックすると拡大します

これを見れば、2月頃まで急速に状況が向上し、その後7月まで低下したが8月以降は回復していることが分かる。

実は、この間、何かを行ったわけではないのだが、外部条件によって変動したものと思われる。実際にはSEOを行いながら対応をとることになる。

ウ 被リンクの状況

また、検索順位に影響を与えるのは、サイトの内容、被リンクの多さ、現実の訪問者のふるまいの3点だといわれる(※)

※ Google社は、検索順位の決定の具体的な手法を公表していない。ただ、検索順をどのように決めているかは、同社の命運を左右する事項であり、検索者の満足に沿うものを上位に表示することが同社の大きな関心事項である。

また、そのアルゴリズムは日常的に修正されているといわれ、かつて有効だった方法も現在ではかえって有害ということもある。これまでに「行われたアップデートで最も重要なものがパンダアップデートとペンギンアップデートである。

パンダアップデートは、主担当者のパンダ氏の名前から命名されたものだが、動物のパンダが白黒がはっきりしていることから、その次のアップデートは白黒がはっきりしている動物であるペンギンと命名された。

この命名は、検索エンジンをだますようなやり方は通用させないという同社の意思表示でもある。薄っぺらなブログを数多く作成してそこから自己のサイトにリンクを張るようなやり方は、かつては成功したが、現在では無意味となっている。

このうち、サイトの内容は管理者の努力でなんとかなるが、被リンクと閲覧者のふるまいはどうにもならない。

私自身、経験したことだが、全く新しい分野の記事を作成すると、その直後に上位に表示されるのだが、その直後に順位が急速に低下し、その後、じわじわと順位が回復するということがよくあった。

おそらく、マイナーな検索用語の場合、新しい記事がアップされると、とりあえず上位において、閲覧者がどのように行動するのかを見ているのではないかと思う。クリックして訪問した閲覧者がすぐに出て行ってしまうようなら、下位に落としてしまうのである。

その後、徐々に回復したのは、被リンクが増えたり閲覧者が増えたりしたからだろうと思う。

その意味で、被リンク数は気にした方がよい。サイト作成者によっては、Wikipediaに記事を書いて自己サイトにリンクを張ったり、ソーシャルブックマークやSNSサイトからリンクを張る(※)というケースもあるようだ。

※ Googleは、そのこと自体は、過度でない限りブラックハット対策(好ましくないSEO)とは考えていないようだが、SNSサイトの方で「本来の使用法とは異なる使い方をしている」と判断されてシャドウBAN(閲覧順位や表示で不利益に扱うこと)されるおそれがある。ただ、自己サイトのアップデートをSNSでお知らせする程度のことであれば、本来のSNSの使用方法の範囲内のことだと判断されると思う。


4 その他のツール

(1)レンタルサーバの分析ツール

さて、ここまで記述してきたことは、自己サイトが実際にどれだけ人の役に立っているかということでの分析である。

サイトのアクセス分析には、もうひとつの目的もある。それはレンタルサーバへの負荷である。あまりに負荷が大きくなるようなら、閲覧速度に悪影響を与えるので、なんらかの対策を考えないといけない。

この場合には、検索ロボットなどの巡回も併せて分析する必要がある。そのためには、それぞれのサーバが提供しているツールを使用すればよい。次図は、当サイトがレンタルしているさくらのレンタルサーバーによる分析結果である。

レンタルサーバ会社による分析結果

図をクリックすると拡大します

これをご覧になって頂ければお分かりいただけると思うが、1日当たりのページビュー数が 40k =4万ページ前後となっている。1月当たりでは約120万PVで、Googleアナリティクスの結果よりかなり多い。

この多くはロボットであろう。もちろん、GoogleやYahooのロボットは歓迎したい。しかし、中にはサイトにとっては役に立たないロボットも存在しているし、掲示板やメルアドを見つけてスパムメールを送付する迷惑ロボットも存在している。

意図的な迷惑ロボットを避ける方法はないが、通常のロボットであれば、サイトのトップにrobots.txtというテキストファイルを置いて、巡回を禁止する方法もある。当サイトではあまりにも巡回回数の多い SemrushBot(※) だけ巡回をご遠慮頂いている。

※ 対策を立てた後は入ってこなくなったので、それほど悪質なボットではないと思う。ただ、来られても当方の役にはたたない。ネットの情報によると、各種のサイトごとの評価を行っている海外の企業が作成したボットらしいが、はっきりしない。


(2)Webalizerによる分析

サーバ側でアクセスを分析するツールとして有名なものにWebalizerがある。さくらのレンタルサーバでも容易に使用できるようになっている。エックスサーバーでは、これを改良して独自の分析ツールを提供している。

当サイトの2021年1年間の分析結果は次のようになっている。

Webalizerによる分析結果(表)

図をクリックすると拡大します

Webalizerによる分析結果(グラフ)

図をクリックすると拡大します

ここで、PagesとあるのがGoogleアナリティクスの PV 数、Visitsがセッション数、SitesがUU数に当たるものである(※)。なお、KBは読んで字のごとくダウンロードされた情報の量である。

※ また、Hits は、Googleアナリティクスには該当する概念はないが、サイト内のすべてのファイルに対するアクセス数であり、このファイルの中には各ページに掲載されている図なども含まれる。また、ここには、Not Foundと表示されたものや閲覧者側のキャッシュへのアクセス数を含んでいる。Filesは、Hitsから、Not Foundと表示されたものや、閲覧者側のキャッシュへのアクセス数を除いたものである。

ただ、いずれの数もGoogleアナリティクスよりかなり多いのは、ロボットの訪問数やサイト管理者の訪問数を除外しないからである。これも、あくまでもサーバへの負荷の評価に用いるべきものである。




プライバシーポリシー 利用規約