労働安全コンサルタント試験 2012年 産業安全一般 問24

フォールトツリー

問題文
トップ
合格

 このページは、2012年の労働安全衛生コンサルタント試験の「産業安全一般」問題の解説と解答例を示しています。

 解説文中の法令の名称等は、適宜、略語を用いています。また、引用している法令は、読みやすくするために漢数字を算用数字に変更するなどの修正を行い、フリガナ、傍点等は削除しました。

 他の問題の解説をご覧になる場合は、グローバルナビの「安全衛生試験の支援」か「パンくずリスト」をご利用ください。

 柳川に著作権があることにご留意ください。

2012年度(平成24年度) 問24 難易度 フォールトツリーに関する思考問題。常識で判断すれば正答できるだろう。
フォールトツリー

問24 労働災害Aの原因分析を行ったところ、下図のフォールトツリー(Fault Tree)が得られた。労働災害Aの原因B,C,D,Eの発生確率がそれぞれ同程度である場合、原因B,C,D,Eに関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

ただし、原因はそれぞれ独立して発生するものとする。

block

(1)Bの発生確率のみを50%低減する場合と、Cの発生確率のみを50%低減する場合とでは、災害Aの発生確率の低減効果は同程度である。

(2)Bの発生確率のみを50%低減する場合と、Cの発生確率のみを50%低減する場合とでは、前者の場合の方が、災害Aの発生確率の低減効果は大きい。

(3)Bの発生確率のみを50%低減する場合と、Cの発生確率のみを50%低減する場合とでは、後者の場合の方が、災害Aの発生確率の低減効果は大きい。

(4)Dの発生確率のみを50%低減する場合と、Eの発生確率のみを50%低減する場合とでは、災害Aの発生確率の低減効果は同程度である。

(5)Dの発生確率のみを50%低減する場合と、Eの発生確率のみを50%低減する場合とでは、前者の場合の方が、災害Aの発生確率の低減効果は大きい。

 スマホの場合、図はデバイスを横向きにするかピンチアウトで拡大できます。

正答(1)

【解説】

(1)正しい。D及びEの状態によって、場合を分けて考えればよい。原因Bは左右双方の複合原因にかかわっており、原因Cは左側だけの複合要因(B又はC)に関わっているのだから、Bを低減する方が効果は大きいなどと単純に考えてはならない。

以下により、Bの発生確率のみを50%低減する場合と、Cの発生確率のみを50%低減する場合とは、D又はEの状態によらず同じになる。

  • Eが発生しているとき、故障Aへの影響は左側の複合原因(B又はC)のみとなる。なぜなら、右側の複合要因(原因B及びD、又はE)はどちらにしても発生しているからである。従って、BとC、双方の低減効果は同じである。
  • Eが正常で、Dも正常なとき、故障Aは発生しない。なぜなら、右側の複合原因(原因B及びD、又はE)が発生しないからである。従って、B及びCの低減効果は(ないという意味で)同じである。
  • Eが正常で、Dが発生しているとき、故障Aへの影響は左側の複合原因(B又はC)のみの場合と変わらない。なぜなら、右側の複合原因(原因B及びD、又はE)が発生するときは、必ず左側の複合原因(B又はC)も発生しているからである。従って、BとC、双方の低減効果は同じである。

(2)誤り。(1)の解説参照。なお、左側の複合要因が(原因B及びC)となっているか、中央の素子がANDゲートではなくORゲートで結合されていれば、この肢が正しくなる。

(3)誤り。(1)の解説参照。

(4)誤り。これは深く考える必要はない。右側の故障要因(原因B及びD、又はE)にEはストレートに関わっているが、DはBが正常であれば、右側の故障原因に影響しない。従って、Eの発生確率を低減させる方が効果は大きい。

(5)誤り。(5)の解説参照。

2021年12月18日執筆