実務家のための労働安全衛生のサイトへ

※ 本サイトのトップページへのリンクボタンです。


トップ
おなまえ
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
arrow.png
【お知らせ】システム復旧のお知らせ
各位

本日、15時30分、メールフォームの機能が使用可能となりました。

現在、当サイトはエックスサーバー上で動作しています。
なお、これによりかなりの速度改善及び安定性の向上が見込まれます。


おって、これまで「https://sr-yanagawa.sakura.ne.jp/」でも当サイトは閲覧可能でしたが、今後は、ページ移転のお知らせを表示する予定です。
user.png 柳川行雄 time.png 2023/01/07(Sat) 15:52 No.84 [返信]
【お知らせ】システムの不具合と復旧
各位

本日、当サイトのレンタルサーバーを「さくらのレンタルサーバー」から「エックスサーバー」へ移行しました。

午前中、一時的にサイトのレイアウトが乱れ、また会員サイトへの接続ができなくなっていたことをお詫びします。なお、現在はメールフォーム以外のすべての機能が使用可能となっております。

メールフォームにつきましては、早急な復旧を目指しております。今しばらく、お待ちください。
user.png 柳川行雄 time.png 2023/01/07(Sat) 13:10 No.83 [返信]
誤謬
第50回労働安全コンサルタント試験の問4の(5)において、解説が安衛則第151条の62となっておりますが、これは構内運搬車を対象としているため、貨物自動車については安衛則第151条の67です。
細かいことですいません。
user.png ピカラン time.png 2022/12/26(Mon) 14:33 No.79 [返信]
Re: 誤謬
ご指摘ありがとうございます。

早速修正しておきました。

気を付けてはいるのですが、個人で運用しているサイトなので、どうしても誤りが残ってしまいます。

しかし、このサイトは多くの方に見て頂いていることで、修正のご意見を頂き、より良いものになっていきます。
他にも何か、ありましたら、ご指摘いただけますようお願いします。
user_com.png 柳川行雄 time.png 2022/12/26(Mon) 22:03 No.80
業務上疾病の件数について
柳川先生

いつもお世話になっております。

下記と似ている質問になってしまうかもしれませんが、
厚労省が発表している

・労働災害発生状況

・業務上疾病発生状況調査

違いがよくわからずにおります。
どちらも休業4日以上ですが、
令和3年でいうと労災の方はは15万人弱、
業務上疾病の数は3万人弱となっており、この違いは
調査の大元が違うから、という認識でしょうか。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/toukei.html

ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
user.png たみや time.png 2022/12/25(Sun) 16:07 No.76 [返信]
Re: 業務上疾病の件数について
追記させて頂きますと、

勉強不足で
労働災害と業務上疾病の違いが理解できていないという状況です。
user_com.png たみや time.png 2022/12/25(Sun) 16:18 No.77
Re: 業務上疾病の件数について
労働災害は、労働者が業務に起因して、負傷し、疾病に罹患し、又は死亡することです。

業務上疾病は、このうち疾病に罹患した場合のみです(厳密には疾病に罹患して死亡した場合を含んでいますが)

従って、必然的に業務上疾病は労働災害全体よりかなり少なくなります。

まあ、調査が違うからというのも理由にはなりますが。
user_com.png 柳川行雄 time.png 2022/12/25(Sun) 23:09 No.78
化学物質による疾病/労災
いつも当サイトにたいへんお世話になっております
標記の件について質問があります

R3年の労働衛生のしおり(P.19)によりますと、化学物質による疾病数は250件前後で推移しているように見えるのですが、しおりの本文P.115や、厚労省のリーフレットによると、「化学物質を原因とする労働災害(がん等の遅発性疾病を除く。)は年間450件程度で推移しており・・・」とあります

この数字の食い違いはなぜでしょうか? 労災が認定されるか否かによるものなら、後者の方が少ない数になりそうなものですが・・・ 何か私が勘違いしているのか、どうもわかりません

よろしくお願いいたします
user.png テツ time.png 2022/12/13(Tue) 14:27 No.73 [返信]
Re: 化学物質による疾病/労災
化学物質を原因とする労働災害(がん等の遅発性疾病を除く。)は、労働者死傷病報告によるもので、有害物、可燃性のガス、引火性の物、爆発性のもの等を起因物とする労働災害全体です。爆発して怪我をしたり、燃え上がって火傷をしたものを含みます。

これに対して、化学物質による疾病数は、業務上疾病発生状況等調査によるもので、疾病に罹患したものだけが対象となります。

疾病のみなのか火傷や怪我を含むのかという違いもありますが、統計の出どころが違えば、どうしても数字も違ってしまいます。

このサイトの「労働衛生(産業保健)最新統計」にも、様ざまな数字がグラフで挙げられています。簡単には、異なる統計間で数字は一致しません。

https://osh-management.com/consultant/information/Latest-status/index1.html?10001#gsc.tab=0
user_com.png 柳川行雄 time.png 2022/12/13(Tue) 20:12 No.74
Re: 化学物質による疾病/労災
柳川様
早々にご回答をありがとうございます
統計の出どころが異なることに思いが及ばず、やはりわたしの理解が浅はかでした
ご説明でよくわかりました
ありがとうございました
user_com.png テツ time.png 2022/12/13(Tue) 21:30 No.75
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -