ホーム トピック アルバム 留意事項 検索 過去ログ 管理
おなまえ
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
arrow.png
安全コンサルタント試験問題の解説について
柳川先生
今年安全コンサルタントの受験を控えています。「スーパーモンキー」と申します。

安全コンサルタント2018年試験、問11につきまして、確認させていただけますか。
(1)適切ではない。OFF-JTとは、職場を離れて行う集合教育などのことである。安衛法に定める特別の教育は、学科と実技それぞれについて教育内容と実施時間が定められている。OFF-JTで行わなければならない。
との解説をしていただいていますが、特別教育は職場内のそれなりの知識の持った従業員のOJTは駄目なんでしょうか。
user.png スーパーモンキー time.png 2022/10/03(Mon) 21:01 No.36 [返信]
Re: 安全コンサルタント試験問題の解説
OJTとは、実際に仕事を行う中で、先輩や上司が仕事を教えることを意味しています。その中で、安全について教えることもあるでしょう。それは、職場の労働災害防止にとって、とても大切なことです。

しかし、それだけでは安全対策としては十分ではありません。職場の中の休憩室のようなところでもかまいませんが、仕事から離れて教育を行うことも大切です。

特別教育は、安衛法に定められた義務であり、特別教育規程で学科及び実技に分けて、各科目の内容と必要な時間が定められています。
これは、OFF-JTで行う必要があります。
user_com.png 柳川行雄 time.png 2022/10/04(Tue) 06:36 No.37
安全コンサルタント試験問題の解説について
柳川先生
こんばんは、早速の返信ありがとうございます。
事業所内で行っても現場などを離れて休憩室、会議室等で行う教育はOFF-JTになるのが理解できました。
user_com.png スーパーモンキー time.png 2022/10/04(Tue) 20:07 No.39
リスクアセスメント対象物について
柳川先生

先日、先生の安衛則改正セミナーを受講させて頂いたものです。

化学物質管理者の選任義務について、「リスクアセスメント対象物を製造する~~」とありますが、この「リスクアセスメント対象物」とは、検討会報告書の3-(1)-アに記載のある「GHS分類済み危険有害物」と読み替えて問題ないでしょうか。

過去の掲示板(2022.8.26)を参照しましたところ、“リスクアセスメント対象物(最終的に2900物質が指定される予定)”との回答がありましたので、ご確認した次第です。
user.png QK time.png 2022/09/26(Mon) 15:16 No.32 [返信]
Re: リスクアセスメント対象物について
QK 様

ご質問の通りです。「リスクアセスメント対象物」は省令の用語ですが、報告書の該当部分の「GHS分類済み聞け入外物」がリスクアセスメント対象物となります。

なお、化学物質管理者の選任義務があるのは、「リスクアセスメント対象物を製造する」事業場ではなく、「製造し、又は取り扱う」事業場ですのでご留意ください。

「リスクアセスメント対象物を製造する」事業場の場合は、化学物質管理者は原則として厚労大臣の定める研修を受けた者から選任しなければなりません。

おって、「リスクアセスメント対象物」には、混合物が含まれますので、念のため。
user_com.png 柳川行雄 time.png 2022/09/26(Mon) 20:22 No.33
Re: リスクアセスメント対象物について
早急のご回答ありがとうございました。
リスクアセスメント対象物を取り扱う事業場も対象になるとの件もアドバイス頂き、誠にありがとうございます。
今後もこちらの大変有益な掲示板をご活用させて頂きます。
user_com.png QK time.png 2022/10/04(Tue) 08:51 No.38
食品添加物のリスクアセスメント
あるレストランの事務作業をしている者です。

先日、ある研修会で聞いたのですが、

化学物質のリスクアセスメントについて、食品添加物もその対象に含まれるとのことでした。
ところが、お客様に提供する食品そのものは、リスクアセスメントの対象にならないとのことです。

この関係がよく分かりません。

例えばレストランの厨房で、ウイスキーで水割りを作ったり、香料を用いてお菓子を作ったりすることは、リスクアセスメントの対象になるのでしょうか?

どなたか分かったら教えてください。

基本的なことで申し訳ありません。
user.png 井の中のクイーン time.png 2022/09/28(Wed) 09:46 No.34 [返信]
Re: 食品添加物のリスクアセスメント
井の中のクイーン 様

研修会のお話は、そのまま厚生労働省の公式見解に一致するものです。従って、間違いではありません。

そして、リスクアセスメントの対象となるものは、安衛令の別表第9等に定められています。
しかし、「一般消費者の用に供するもの」は除かれているのです。そのため、食品は対象とはなりません。しかし、食品に加えるものは、濃度や状態が一般消費者の用に供するものとは異なっているため、取り扱う作業者の健康に悪影響を与える可能性が否定できません。

そのため、食品添加物というだけで、リスクアセスメントの対象から外れるわけではないのです。

お尋ねのウイスキーで水割りを作り作業は、ウイスキーは一般消費者の用に供するものであり、水は当然のことながらそもそも安衛令の別表第9の対象ではありません。従って、リスクアセスメントの対象にはならないこととなります。

香料を用いてお菓子を作る作業は、その香料が別表第9にさだめられたものを、法定の濃度を超えて含んでいるかどうか(含んでいる可能性はあります)、また、一般消費者の用に供するものかどうかによって、リスクアセスメントの対象になるかどうかが定まります。
user_com.png 柳川行雄 time.png 2022/09/28(Wed) 19:57 No.35
安全コンサルタント試験解説について
柳川先生。
今年安全コンサルタントの受験を控えておりますKOTETSU
という者です。

安全コンサルタント2017年試験、問14につきまして、ちょっと頭がこんがらがっておりますので、ご教示願います。

正解は(3)ですが、
先生のご解説の中に
90条第4項、
掘削の高さ又は深さが10m以上である地山の掘削(ずい道等の掘削及び岩石の採取のための掘削は除く)の作業で(掘削機械を用いる作業で、掘削面の下方に労働者が立ち入らないものを除く)
とあり、掘削面より労働者が下にならないので、と解説されています。

一方、同90条第3項には、
ずい道等建設の仕事(内部に労働者が立ち入らないものを除く)
とあります。

いずれにしましても、本問につきましては条文解釈から(3)が誤りであることは明白ですが、
仮に安衛法に則る判断を求められた場合、どちらの条文による解釈が正しい(と思われるのか)ご教示いただけたらと思います。
user.png KOTETSU time.png 2022/09/20(Tue) 20:21 No.29 [返信]
Re: 安全コンサルタント試験解説
KOTETSU 様

ご指摘、ありがとうございました。
これは、完全な私のミスです。解説文を執筆していたときに、問題を取り違えたのだと思います。

ご指摘の通り第3号が正しいですね。

早速、解説文の方は修正しておきました。

当サイトは、個人で運営していますので、注意はしていますが、どうしてもミスが残ってしまいます。

多くの方に閲覧して頂いて、ご指摘を受けてよりよくなっていきます。他にも何かありましたら、よろしくお願いします。

当サイトのミスを指摘された方は、その直後の試験に合格するというジンクスがあります。

朗報をお待ちします。
user_com.png 柳川行雄 time.png 2022/09/20(Tue) 21:02 No.30
Re: 安全コンサルタント試験解説
柳川先生

お忙しい中ご対応いただきありがとうございました。

初めての受験で緊張しております。
何とか頑張って突破したいと思います。

これからもこのサイト参考にさせていただきたく思います。

よろしくお願いいたします。
user_com.png KOTETSU time.png 2022/09/21(Wed) 16:52 No.31
無題
柳川様
お返事ありがとうございます。
解説付きで、かつ古い過去問も法改正に伴いアップデートされ、HPの管理は大変なご苦労かと思います。
引き続き参考にさせていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。
user.png ろくれんせい time.png 2022/09/08(Thu) 08:51 No.28 [返信]
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -