第1種衛生管理者試験 2020年10月公表 問20

金属による健康障害




問題文
トップ
合格

 このページは、試験協会が2020年10月に公表した衛生管理者試験問題の解説を行っています。

 解説文中の法令の名称等は、適宜、略語を用いています。また、引用している法令は、読みやすくするために漢数字を算用数字に変更するなどの修正を行い、フリガナ、傍点等は削除しました。

 他の問題の解説をご覧になる場合は、グローバルナビの「安全衛生試験の支援」か「パンくずリスト」をご利用ください。

 柳川に著作権があることにご留意ください。

2020年10月公表問題 問20 難易度 試験問題に誤りがあるが、正答の肢が明らかに誤っており、試験協会の示した正答はできるだろう。
金属による健康障害

問20 金属による健康障害に関する次の記述のうち、、誤っているものはどれか。

(1)カドミウム中毒では、上気道炎、肺炎、腎機能障害などがみられる。

(2)鉛中毒では、貧血、末しょう神経障害、腹部のせん痛などがみられる。

(3)マンガン中毒では、筋のこわばり、ふるえ、歩行困難などのパーキンソン病に似た症状がみられる。

(4)ベリリウム中毒では、溶血性貧血、尿の赤色化などの症状がみられる。

(5)クロム中毒では、肺がん、上気道がんなどがみられる。

正答(4)。なお(5)も誤りと思われる。

【解説】

(1)正しい。カドミウムはいわゆる「イタイイタイ病」の原因となった物質であり、急性症例の主要症状には、上気道炎、肺炎や肺水腫による呼吸困難がある。また、長期曝露による慢性影響としては、腎臓への影響などが挙げられる。なお、骨軟化がみられることも覚えておく必要がある。

(2)正しい。鉛中毒では、以下の症状などを伴う。

① 血液障害(血色素の合成過程を鉛が阻害するために貧血がおこる)

② 神経障害(初期には筋肉痛、関節痛、筋力低下が発生する。症状が進むと、いわ ゆる垂れ手と呼ばれる症状が現れる。)

③ 消化器の障害(初期には、食欲減退、嘔吐、下痢・便秘などが起きる。また、腹部に疝痛が起きることがある)

(3)正しい。マンガン中毒では、頭痛、めまい、嘔吐等の自覚症状や、言語障害、歩行障害、振せん等の神経障害などのパーキンソン病に似た症状がみられる。

(4)誤り。ベリリウムは発がん性物質である。また長期のばく露によりベリリウム肺を、短期ばく露により気道の炎症や重度の化学性肺炎を引き起こすこともある。また、ベリリウムは感作性があり、呼吸器に対してアレルギー、喘息又は呼吸困難を起こすおそれ、皮膚に対してアレルギー性皮膚反応を引き起こす恐れがある。

しかし、溶血性貧血、尿の赤色化などの症状は現れない。これらの症状は、発作性夜間ヘモグロビン尿症によって起きることがあるが、工業中毒の症状としてはみられない。

(5)誤り(試験協会の公式発表では正しいとされている。)。確かに、昭和59年12月4日基発第646号「クロム又はその化合物(合金を含む。)による疾病の認定基準について」によれば、「クロム酸塩又は重クロム酸塩を製造する工程における業務に従事した労働者に発生した肺がん又は上気道のがん」について、一定の場合に労働災害として取り扱うこととしている。

しかし、これはあくまでも「クロム酸塩又は重クロム酸塩」に関するものであって「クロム」によるものとはされていない。そして、政府による「クロム」のモデルSDSでは、発がん性については区分外とされている。その根拠は、「IARCでグループ3、ACGHIHでA4に分類されていること」である。従って、本肢は誤りであると思われる。

試験協会は、問題の作製に当たって、政府の通達を誤読したのであろう。

なお、クロム中毒による健康障害としては、以下のものなどが挙げられる。

① 精神・神経症状(初期には神経衰弱様の症状などが現われ、その後錐体外路症候(パーキンソン症候群様症状)を中核とした多彩な精神症状が、進行性に出現してくる。)

② 肺炎

2021年01月01日執筆