【ppm】と【mg/m3】の換算ツール




トップ
計算する人

リスクアセスメントなど、化学物質管理を行う際に、【ppm】と【mg/m3】の換算が必要になることがしばしばあります。

そこで、EXCELを用いて簡単な換算のためのツールを作成しました。ここでは、その考え方について説明しています。

内容の無断流用はお断りします。



【ppm】と【mg/m3】の換算ツール

執筆日時:

最終改訂:

1 背景事情

検知管を用いて作業場の気中濃度を測定したとき、結果がppmで表されるにもかかわらず、それと比較すべき職業暴露限界(※)がmg/m3で表されているため、リスクアセスメントを行う際に単純な比較ができないことがあります。

 英文では、OEL(Occupational Exposure Limit values)と表示される、作業場所の気中濃度を管理するための指標となる濃度である。通常、「1日8時間、1週40時間で40年間ばく露しても、ほとんどすべての労働者に健康影響が現れない濃度」であるとして定められていることが多い。また、「一時的にでもその濃度を超えてはならない値」として定められることもある。

具体的には、日本産業衛生学会が勧告する許容濃度、ACGIH(米国産業衛生専門家会議)が勧告するTLV、英国のHSE(英国安全衛生庁)のWEL値、ドイツのDFG(ドイツ研究振興協会)のMAK値、欧州の専門家の委員会が定めるSCOEL値など、様々な国や機関が定めている。

なお、日本政府が定める管理濃度は、職業暴露限界としての位置づけではないが、いくつかの職業暴露限界を参考に定められることがほとんどである。

パソコンを指さす女性

※ イメージ図(©photoAC)

また、有名なリスクアセスメントツールであるECETOC(欧州化学物質生態毒性および毒性センター)が開発したTRAでは、職業暴露限界をmg/m3で入力しなければなりません。このため、職業暴露限界がppmで定められている物質のリスクアセスメントをする場合、mg/m3に換算しなければならないことになります。

そこで、この換算を簡単に行えるツールを開発してみました。利用するためにはEXCELが必要となります。

2 換算の考え方

第2章では、この「【ppm】と【mg/m3】の換算ツール」が換算をしている考え方について簡単に説明します。逆に、mg/m3で表された値をppmに換算するときは、この考え方を逆にたどればよいことになります。ちょっと難しいと思われるかもしれませんが、そのときは読まなくてもツールは使用できます。

理想気体の状態方程式は、

PV=mRT/M ・・・ ①

となっています。

ここに、Pは圧力【Pa】で、標準大気圧のときは 101,325【Pa】となります。Vは気体の容積【m3】、mは質量【kg】、Rはモル気体定数で、8.3144598・・・の値になります。Tは絶対温度【K】で、気温【℃】に273.15を加えれば算出できます。Mは分子量で単位はありません。

今、作業空間の気体中の化学物質の濃度がX【ppm】だったとしましょう。Xは単位のないただの数値だと思ってください。ppmは百万分率(ここでは容量の割合)ですから1【m3】の作業空間中には、この化学物質はX×10-6【m3】あるはずです。従って、その重量は、①式から

m【kg】=P(X×10-6)M/RT ・・・ ②

となります。従ってその重量をmg単位で表そうとすると、この数値を1,000倍すればよいことになります。

従って、X【ppm】をW【mg/m3】に換算するには、(Tの定義は変えましたが)次のようになります。

【1気圧のもとでppmをmg/m3に換算する方法】

W【mg/m3】⇐ 101,325×M×10-3 ×X【ppm】
8.314×(T+273.15)

この式のXにppmで表された職業暴露限界の数値を入れると、ppmに換算される。なお、ここにMは分子量、Tは気温【℃】である。

3 ツールの使い方

ツールはEXCELファイルで作成されています。まず、このサイトまたはVectorからツール(EXCELファイルVectorからDLする)をダウンロードしてください。

ECETOC TRAのページ

図をクリックすると拡大します

EXCELファイルを開くと、右図のようになっています。

ppmで表された値をmg/m3に換算するには、上側を使用します。

職業暴露限界濃度【ppm】、温度【℃】及び分子量を入力すれば、とくに何もしなくても自動的に職業暴露限界【mg/m3】が出力されるようになっています。

なお、このツールでは「職業暴露限界」と表示していますが、すべての気中濃度について作動することは当然です。

解凍したファイル

一方、mg/m3で表された値をppmに換算するには、下側を使用します。

先ほどと同様に、「職業暴露限界【mg/m3】」とされたセルに職業暴露限界の値を入力し、あとは温度と分子量を入力すれば、ppmで表された職業暴露限界が出力されます。

解凍したファイル




プライバシーポリシー 利用規約