表で見る労働災害統計

業種別死傷災害年千人率




トップ
合格

 このページは、業種別死傷労働災害(休業4日以上)年千人率の推移を示しています。

 数値は、厚生労働省「職場のあんぜんサイト」労働災害統計の各年毎のデータをまとめたものです。

 とくに断らない限り、2011年の数値には東日本大震災によるものを含みます。これは、厚生労働省の通常の資料とは異なるまとめ方です。

 柳川に著作権があることにご留意ください。

業種別死傷災害年千人率(休業4日以上)の推移
年/産業 全産業 商業 製造業 建設業 陸上貨物
運送事業
林業 保健衛生業
2012年/平24年 2.3 2.0 3.0 5.0 8.4 31.6 1.5
2013年/平25年 2.3 1.9 2.8 5.0 8.3 28.7 1.4
2014年/平26年 2.3 1.9 2.9 5.0 8.4 27.0 1.5
2015年/平27年 2.2 1.9 2.8 4.6 8.2 27.0 1.5
2016年/平28年 2.2 1.9 2.7 4.5 8.2 31.2 1.5
2017年/平29年 2.2 1.9 2.7 4.5 8.4 32.9 1.6
2018年/平30年 2.3 2.0 2.8 4.5 8.9 22.4 1.7
2019年/令元年 2.2 1.9 2.7 4.5 8.5 20.8 1.7
2020年/令2年 2.3 2.0 2.6 4.5 8.9 25.5 2.5
業種別死傷災害の推移

図をクリックすると拡大します

注:年千人率とは、労働者1,000 人当たり1年間に発生する死傷者数を示すもので、次式で表される。

年千人率=  1年間の死傷者数  ×1,000
1年間の平均労働者数
2018年10月27日執筆 2020年04月11日修正 2020年07月21日追記